« フードあれこれ | トップページ | 久々にシャンプーしました »

目玉飛び出し事件

去年の9月の初め(うみ・約6ヶ月)の頃の話です。

  

2週間程前に患った腸炎も良くなり一安心していたのですが、

↓ある日、うみの顔がいつもと違うような気がしたのです。

Photo_1  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夫に「何かうみの顔、変じゃない?目が…」と聞いても

「そうか?気のせいちゃう?」の返事に思い過ごしかと思っていたのですが…

数日後↓

Img_1035

やっぱりおかしい!ということになり、病院に連れて行くことになりました。

その前にいろいろネットで調べたりしていたのですが、眼圧が高くなると、目が飛び出してくるらしいです。自己診断の結果、当てはまるかな?という症状としては緑内障か眼球脱出。

でも、緑内障にしては目はよく見えているようだし、眼球脱出という感じでもないんだけど…あれこれ考えてしまって不安でした。

    

病院で診察してもらった結果、よく見えているし、眼球にも傷もないとの事。

やはり、先生にも「いつものうみちゃんの顔とは違いますね」と言われました。

結局、異常はないので、抗生剤の目薬ともう1種類(忘れました)2種類の目薬をもらって、しばらく様子を見る事となりました。うみはいつもと同じく元気でしたが↑この顔なのです。

でもその翌日↓さらにひどくなっている気がします。

Img_1039

 

夫が「ブリーダーさんに相談してみたら?過去に同じような症状があったかも」 というので、電話して相談する事に。ブリーダーさんは外出中だったのですが、奥様から連絡をうけて外出先からすぐに連絡をくれました。

ブリーダーさんのお話では、過去に一匹、眼圧が高くて目が飛び出ていた子がいたけど、うみのような例は今までなかったとのこと。心配してくださって「何かあったらすぐに連絡ください。紹介できる病院もありますので。」とおっしゃってくれました。

ミニーちゃん(母親)とネネちゃん(祖母)の子はどちらかといえば目の大きい子が多いらしいのですが、↑これは明らかに異常です。

 

そして翌日、再度病院に行き、眼圧と眼球と視力に異常がないか調べてもらいました。

眼圧を測る際に目に器具を当てるので、嫌がる場合は麻酔が必要になります。と言われて不安な気持ちで待合室で待つこと15分位。再び診察室に呼ばれ、「あっさり測らせてくれました(笑)」と先生。

そして、結果はまたしても“異常なし”なのです。

とりあえず、前に処方した目薬を点眼して、何か異変があればすぐに来てくださいと言われました。

 

うみの目が一生このままだったらどうしよう…と悲しくなりました。

夫には「いいやん、うみは性格がいいんだから、顔がどんなんでも。」と言われましたが、気になって何度もうみの顔ばかり見てました。

それから2日程経って↓徐々に飛び出しがおさまってきたのです。

Img_1053_1

 

そしてさらに1週間程したら完全に治ってしまいました。

 

目の症状が治まってから2週間くらい経って、今度は首の後ろの所に腫瘍のようなものが出来ていました。

やっぱり悪い病気??と慌てて病院に行ったら、病気ではなく、腸炎になった時に注射したのが原因でした。腫瘍の場所と注射を打った場所も同じだし、まれにこういうことがあるらしいのです。

目のことも、時期的にこの注射が原因だったのかも知れませんが、いまだにナゾです。

Photo_2

↑そんな事もあったかしら…?

 

|

« フードあれこれ | トップページ | 久々にシャンプーしました »

「ペット」カテゴリの記事